アメリカで楽しく安全運転

車社会アメリカで生活する日本人に役立つ豆知識や交通ルールをラクーンのポン太の目を通して解説するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アメリカの踏み切り

image011.gif
アメリカの交通ルールでは特定の車(バスや大型トラック)を除いて、線路に車が進入する際に一旦停止する必要はないんだよ。
住宅街にある踏み切りで見通しがわるければ15マイル以下で左右に注意してから進入しようね。
ちなみに見通しがよければ速度を落とす必要はないんだよ。
踏み切りの見通しの良い条件とは、踏み切りから30メートル手前から左右120メートルが見通せる場合なんだ。
アメリカの多くの州の郊外は見通し良い踏み切りが多いから、そこの道路の法定速度のままで通過はOK.
ただし前方の車が完全に踏み切りの外に出たことを確認してから線路内に入ろうね。
でも都市部や住宅街の線路はもっと注意が必要だよ。続きを読んでね。
image012.gif
交通量の多い踏み切りでは、線路を超えた前方に完全に自分の車が入れるだけのスペースがあるのを確認してから、踏み切り内に入るようにしようね。踏み切り内から出れなくなってから列車が近づいて来たら大変だよ!
警報機が鳴っていたら一旦停止してから左右を見ること。 もし列車が見えないのであれば踏み切り通過はOK.
モチロン遮断機が降りていれば進入は禁止だよ。反対車線側には通常は遮断機が設置されてない所が多いよね。
だからといって入らないようにね。
スポンサーサイト

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

  1. 2011/02/12(土) 14:46:26|
  2. 自動車の運転
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<レフトターンセンターレーン | ホーム | 緊急車両が後ろに来た>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://joyds.blog111.fc2.com/tb.php/18-f74c7ec4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Racoon ポン太

Author:Racoon ポン太
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
北米 (0)
自動車の運転 (7)
筆記試験 (0)
最新問題集 (1)
米国交通法規 (6)
左折レーン (0)
緊急自動車 (1)
アメリカ留学 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。